暮らしのマネーに役立つ情報収集

最新情報

返済が苦しくなったら借り換えを検討しよう

0-78.jpgもし月々色々なお金の返済かあって、それが苦しくなってきたら、まとめての借換えを考えよう。

キャッシングを複数の所からしているとか、クレジットカードで高い金利でキャッシングしているとか、リボ払いにしているとか・・・

分割払いでショッピングしたいるとかだったら、まず月々どれぐらい支払っているのか把握して、それらの債務がいくら残っているのか確認しよう。

そしてその総額を銀行のカードローンを作って借り換えてしまうのがお勧めです。
銀行のカードローンであれば、金利は低いですし、使い勝手もいいです。


2015年9月18日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

即日借りられるローンてあるの?

0-27.jpg申込んだその日のうちに借りられる、即日発行&融資ローンてあるのか?

ノンバンのキャッシング系のカードローンであれば、50万円ぐらいの限度額であればたいていは午前中に申込が済めば、その日のうちに融資が受けられます。

最近は銀行でも、自由な使途のキャッシンクができるカードローンもたくさん出ていて、即日審査して、うまくすれば即日利用できるカードローンもあります。

銀行のカードローンの方が金利が少し低いのと、総量規制を受けないので、収入証明書の提出が200~300万円程度までならば提出不要の所も多く、申込が楽です。

2015年9月10日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

人気のカードローンってどんなカードローン?

036.jpgカードローンそのもの自体、使途が自由に使えるということと、限度額以内であればいつでも追加で借りられるという事で便利なため人気です。

まだカードローンの便利さと有利さを知らない人は、リボ払いで商品を購入したりしています。

カードローンは、月々の返済はリボ払いが普通なので、変わり内容に見えますが、銀行のカードローンであれば、信販会社のリボ払いよりずっと金利が低いですし、

いつでも追加で返済でき、現金としてもキャッシングがいつでもできるのでずっと使い勝手が良いのです。

その中でも人気が高いカードローンは、金利が低く、ネットで自分の口座に24時間356日振込で借り入れたり、自動融資ができたり、ATM手数料が無料であったりするものです。

2015年8月25日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

数万円借りるだけなら銀行でただで借りられる方法がある

数万円借りるだけならば銀行でただで借りられる方法があります。

しかも、ほぼ半年間です。それは新生銀行でカードローンを作るという方法です。

レイクというカードローン商品が有りますが、5万円以内で借りる場合は、180日間無利息というものがあるのです。

初めて利用する人だけの特権ですので、1度歯科使えませんが、それにしても180日間と言えば、ほぼ半年ですから、びっくりするような長い期間です。

金融緩和なのに長期金利が上昇?

金融緩和で、お金がだほだほしているので、債権が安くなっています。

株などにお金が流れるのはいいですが・・・

長期金利が上がると、ローンを組む人、ン組んでいるひとは、金利上昇で困るわけです。

アベノミックスは、一般庶民には、経済的な負担を増やすだけの結果になっています。

消費税もありますし、ローン金のがあがる狩生性があります。

住宅や土地もあがりそうですしね。

2013年5月23日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

教育ローンの方が学資保険よりよさそう

学資保険というと、教育資金の貯蓄に有利なイメージがありますが・・・

これだけ低金利で、経済状況もよくない状態では、増えるどころか元本割れもありまえます。

まあ保険という意味であれば、元本が割れても仕方がありませんが・・・

子供の保険であれば、専用の保険の方が、ずっとやすくて保障内容もいいわけです。

親が亡くなったときの、教育資金としての保険と考える事もできますが・・・それは生命保険で良いわけです。

タグ

2011年9月30日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ローン

あまり知られていない消費者金融の被災者支援

消費者金融といえば、今は貸金業法の改正で苦しんでいること。

またグレーゾーン金利が完全に違法と判断されたことによる過払い金の返済で、破綻するところもでてきています。

今でも、もちろん、高金利でネットキャッシングなどでは、30日間無利息キャッシングとか、ノーローンとか、一定期間の無利息融資をしています。

この消費者金融大手の、プロミスは、被災者向けに、なんと1年間の無利息融資を実施していることをご存じでしょうか・・・

タグ

ギリシャ危機から、ヨーロッパ危機に。円高はまだまだ続く

円高は、日本の金融緩和が続くことをいみしますから、低金利がつづくので、お金を借りるには良いことです。

特に大口のローンである、住宅ローンを組む人とか、これからビジネスを始めるのに、ビジネスローンを組む人には有利です。

政府系の生活金融である日本政策金融公庫はもともと金利が低いですが、さらに低くなっていすまので、事業ローンなどを組む人にありがたい状況でしょう。

しかし、この円高は、リーマンショック以上のことが起きそうな前触れである可能性もあります。

タグ

2011年9月26日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:資産運用

年金代わりの資産運用

年金や介護が不安な日本ですから、老後の生活費を補うための資産運用は必要でしょう。

リスクは伴いますが、老後資金の資産運用<をしないというのもリスクになりそうです。

かといって、いつまでも続く円高、上限は見えませんし、

頼みの新興国も減速しています。

今はどみに投資していても、マイナスを抱えている人が多いと思います。

こういう時に、含み損がないひとはラッキーです。

タグ

2011年9月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:資産運用

住宅ローンの借り換え時でも手数料も注意

不景気の影響で、住宅ローンの金利が低くなってきています。

これを機会に住宅ローンの借り換えを検討する方も多いと思います。

借り換え需要をねらって、金利競争をしている金融機関ですから、今は絶好の借り換え時と言えます。

しかし、住宅ローンの借り換えには諸経費がかかっていきますので、それも考慮して検討する必要があります。

借り換えに必要な諸経費は、抵当権に関する費用・保障会社の事務手数料・保障会社の管理保証料・印紙税などがあります。

タグ

2011年9月23日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ローン